ひらちゃんの日記 1999年8月

1999年5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2000年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2001年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2002年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2003年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2004年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2005年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2006年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2007年1月号 | 2月はサボり | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2008年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2009年1月号 | 2月号 | 4月号 | 5月号 | 8月号 | 9月号 | 11月号 | 12月号
2010年1月号 | 2月号 | 3月号 | 5月号 | 6月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 12月号
2011年1月号 | 3月号 | 4月号 | 8月号
ひらちゃんのホーム | 感想はこちら
★つっこみ、質問、意見、ちょっとした感想など、「つっこむ」ボタンでつっこんでね。

Counter
8/31(火)
★さようなら
山に登って、星を見てきました。
遠くで、カミナリが光っています。
雨もポツリと降り出したようです。
もう、夏は終わりだね。 さようなら。
名前


8/30(月)
★たこやき
以前ここで、たこ焼き器を持っているかというアンケートを採ったことがあるが、今日はそれとは関係なくたこ焼きを食べに行った。 会社を出るとき、ちょうど出口の所でたこ焼きに行くという友人にあったので、それに便乗したのだ。 行き先は、ひらちゃんの大好きなワナカのたこ焼き屋さん。 あちこちのたこ焼き屋を食べ歩いた結果、ここが一番おいしいことが判明した(注)。 場所は大阪はなんば、ジュンク堂の斜向かい、吉本の左隣である。 吉本の中や、角を曲がったところにもたこ焼き屋があるが、ひらちゃんの大好きなところはそこではない。 ぜひとも、行ってご賞味いただきたい。

うーむ。おなかがすいてきた。

(注)ひらちゃん主観100%

名前


8/29(日)
★100Mbps
ついに、我が家のLANを100Mbpsにしてみた。 100Mbpsのスイッチングハブを買ったのだ。 今まで使っていたやつがちゃっちかったと言うのはあるが、ふむ、確かに快適である。 速くなった分、CPUかボードかどちらか分からないが、熱を持つようになった。 ついに、外部ファン(普通の扇風機)なしでは動かなくなってしまった。 困ったものだ。
名前
・i see what you mean i agree [2004/11/20 14:29:51] (by me)


8/28(土)
★ハングル工房
今日も一日寝てすごしてしまいました... オルカランドのチャットは誰も書き込まないので、掲示板にしてみた。 チャットだと少なくとも2人が同時にアクセスする必要があるが、掲示板だとその必要はない。

ついでに、ハングル工房の掲示板も設置してみた。 ハングル工房とは、むかしむかし、Niftyserveでハングルを扱うための標準形を作っていた団体である。 日本語環境(or 英語環境)しかないMSDOSの上で、どうハングルを扱うか、また、表示するか、ということを考え、それらのソフトを作っていた人たちである。

          ニ
○ト L=l ○ト 人-ll ○
 L   ○             |/
                      ̄
なんてことも、出来たりするわけである。
名前


8/27(金)
★宣伝
今日はインディーズのホームページのチャット大会だった。 ところが、なんと、うまくサーバが動いていない。 あわてて、家から会社にモバイルするが、こんな時に限ってうまくつながらない。 仕方がないので、会社まで行って設定してきた。 2回目のチャットにはギリギリ間に合ったようだ。

このサイトのオンラインショッピングもちょうど今日から新しく動き出した。 ひらちゃん作のこのバスケットシステムは、いろんな商品を買ったり、いろんな友達に送ったり、ということが、簡単に、否、とりあえず出来るようになっている。 しかも、現在は送料無料のキャンペーンもやっているらしい。、 さあ、どんどん、CDやテープを買おう。

名前


8/25(水)
★お誕生会
今日はお誕生会であった。 残念ながら、僕のではない。 僕は今年は7月1日に歳を取ったばかりなので、そうそう頻繁に、歳ばかり取るわけにはいかないのだ。 お誕生会は、梅田のしゃぶしゃぶ食べ放題の店でとり行われた。 僕以外、そんなにがぶがぶ食べるメンバーではないので、ま、おとなしいものであった。 その分、ひらちゃんは思う存分食べることが出来た。

そんな中、ひとり酔っぱらいがいた。 本日の主賓である。 ほとんど酒は飲んでいなかったので、体の調子が悪かったか、僕の話に酔いしれたか、どちらかであろう。 立ったまま眠ることの出来る特技の持ち主なので、歩きながらでも今にも寝そうであった。 歩く速度が遅くなったら危険信号である。 止まった瞬間、きっと眠りに入るに違いない。

帰り道を歩きながら寝てしまうのではないかと心配したが、なんとか無事に家に帰り着くことが出来たようだ。 なにはともあれ、Happy Birthday! 今年もいい年でありますように。

名前


8/21(土) - 8/24(火)
★九州旅行
九州旅行に出かけていました。 別途、旅行記にしましょう。
名前


8/20(金)
★出張
この日は、東京出張なのであった。 そして、九州旅行へと突入するのである。
名前


8/16(月)
★目医者
今日は、午前中だけ会社に行って、午後は目医者に行った。 会社で日差しがまぶしく仕事に不自由なので、ま、病名だけでも見てもらおうというわけである。 だいたいからして、生まれつき目が悪いので、普通の人がどう見えてるかなどわからない。 考えてみれば、小さい頃から天気のいい日に外に出ると、色が薄かった。 こんなものだと思っていたのだが、他人はどうもそうではないようだ。 会社のブラインドが、これがまた、いけてない。 普通のブラインドは横に割れているので、その角度を調整することで、日差しが入らないように出来る。 これが、うちの会社はなぜか立てに割れているのだ。 どう調整しても、ピタリとは合わず、日差しが入り放題である。 また、柱とブラインドの間には大きな隙間があり、これは防ぎようがない。

さて、目医者であるが、西眼科病院というところに飛び込みで行ってみた。 いろいろな設備もあり、かなり大きな眼科であった。 視野の測定などもした。 どうも結果に納得がいかないらしく、かなりの長い時間を費やされた。 だいたいからして、僕は眼科では計るたびに違う結果が出てくる傾向にある。 検査のために、瞳孔が開くという、変な薬も注入された。 人より効くのが遅いようで、僕が効くのを待っている間、入れ替わり立ち替わり何人もの人が出入りしていた。

この薬が、また、ひどい。 病院を出ると、いきなり日差しが脳に入り込んで来た。 ものすごいエネルギーである。 見える見えない、という騒ぎではない。 ちなみに、近くのものもぼやけて何も見えない状態になっている。 もう、家に帰るのに一苦労であった。 家に帰っても、ご飯がまたおいしくない。 一体、ご飯のどこを食べているのかも分からない。 ということで、何もできないので、7時には寝てしまったのであった。 もちろん、この日記は後日書いたものである。

ちなみに、診断は、

右)瞳孔偏位, 両)近視性乱視
0.4p(1.0xS-1.75D=C-3.5DAx180゜)
0.5(0.9xS-0.25D=C-5.0DAx180゜)
というものであった。 誰か、この暗号の意味を教えてくれ〜。

名前


8/15(日)
★海
今日は海に行って来た。 今回は泳ぐためである。 朝2時に寝て、3時半に出発の強行軍である。 家を出た頃は曇り空であった。 友達を拾うために、名張、箕面、東灘、とまわった。 名張に着いた頃から、なんと雨が降り出した。 今度は本物の2年前の悪夢の再来である。 途中、インターネットで天気予報を確認するが、困ったことにこちらも晴れのち 曇りである。

しかし、ひらちゃん達は負けない。 ずいぶん前から泳ぐと決めていたこの日である。 泳がないわけには決していかない。 今回の目的地は「琴引浜」である。 2年前、悪夢の後行ったときの、あの美しさが忘れられない。 天気予報に従って目的地を変えようとも思ったが、やめた。 今日は、初心貫徹である。

道を進めるにつれ雲行きはますますあやしくなって来る。 土砂降りになれば意気消沈し、雨が降ってといるにも関わらず、ほんのわずかの 雲の切れ目を見つけては大騒ぎする。 そういうことを繰り返しているうちに、琴引浜のある網野町に入った。 空はかろうじて曇りである。 これならなんとかなる、というぎりぎりの線である。

しかし、どうしたことだろう、海に着いたとたんに、突然空が晴れだしたのであ る。 これは、もう、普段の行いがいいとしか考えられない。 意気消沈どころか、意気揚々として海へと向かった。 空はますます晴れてくる。 快晴とは行かないが、日差しは強く、誰の目にも晴れていると言うにはばからな い、いい天気である。 すばらしい。

さすが、雨の後だったので、前に来た時のような美しさはなかった。 しかし、それでも十分だった。 波も高かった。 しかし、それも楽しかった。 気分はボディーボーダである。 ただし、波に飲まれるときのボディボーダである。

帰る途中には、また、雨が降っていた。 我々のいたところだけ、晴れていたのか、それとも、我々のいた時間だけ、晴れ ていたのかはわからないが、運がよかったことには間違いない。 途中の舞鶴のあたりでは、海鮮市場を発見したので、新鮮な魚介類たっぷりの海 鮮丼を食べた。 また、市場では、さざえとボタンエビを買った。 大好きなボタンエビである。 ひらちゃんは、これだけでも、大満足である。

また、六甲を抜けて帰ったので、帰省ラッシュにさほど巻き込まれることもな く、その上、大きな花火まで見ることができた。 本当に充実した楽しい一日であった。 ちなみに、移動距離800km、帰ったのは、1時である。 22時間くらい遊んでいたらしい・・・

名前


8/13(金)
★テポドン
誰が言っていたのだろう。 今日テポドンが発射されるという噂であった。 なんでも、目標が大阪の難波に設定されているという。 なぜかというと、難波には2階建ての建物ほどもあるロケットミサイルが設置されているからである。 まずは、軍事施設をねらうのは当然だろう。 それは、ちょうど、南海電鉄のあたりにある。 地下1Fに設置されているのだが、天井をぶち抜いた形で、2Fのあたりまでの高さがある。 あまりにも巨大なミサイルなので、よく待ち合わせにも利用されている。 「ほな、5時にロケットな」と言えば、このミサイルの所でハーゲンダッツを食べながら待ち合わせすることを意味する。

なにはともあれ、現在日付は14日になった。 幸い北朝鮮との間に時差はない。 なんとか、無事生きながらえたようだ。

名前


8/11(水)
★鳥取
昨日の話だが、鳥取に行って来た。 せっかくの休み、雨降りの所ですごすのが嫌だったので、晴れているというので行ったのである。
無料大駐車場入口
実際行ってみると、まあ、一応晴れてはいるが、という感じであった。 鳥取砂丘に行ってみようと、その方面に向かっていると、「砂丘センター入口 無料大駐車場入口」という大きな看板があった。 横には砂丘へ直行と書いてあったりする。 一昨年自転車で来たときには見なかったな、と思いつつも、無料というのでここに止めることにした。 ロープウェイの乗り場があり、奥にむっちゃむちゃでかい駐車場がある。 そこに車を止めて、砂丘に向かうことにした。

この砂丘へ向かう道がまたひどい。 これでは、まるで、ジャングルだ。 人が通った様子はあまりない。
砂丘へ直行する道
山道をひたすら歩くと、途中で分かれ道があった。 しかし、砂丘へはどちらへ行けばよいかは書かれていない。 ま、適当に進むことにした。 なんと、30分くらい山道を歩いて、ようやく、砂丘に到着した。 長い道のりであった。 しかも、出たところは、砂丘のすぐそばの県営の無料駐車場であった。 いけてなさすぎ・・・。

砂丘自体は素晴らしいところであった。 靴を脱ぎ靴下を脱ぎ、砂に素足を絡めながら歩いてみる。 なんとも、気持ちのいいものだ。 ずっと歩いて、一番大きな丘を登ると、ちょっとした崖になっていてそこからは、海が見渡せる。 砂漠と海との絶妙なコンビネーションである。

さて、ここまではよかったのであるが、帰りが大変であった。 もと来たジャングルを帰るのであるが、途中からどうも見慣れない景色のような気がしてきた。 反対から歩いてるからそんな気がするのかな、と思いつつ歩いていると、どんどん道が狭くなっている。
ここは本当に日本か
うっそうと草が生い茂っているのである。 草と草の間はいたるところ、クモの巣で覆い尽くされており、いつの間にか体はクモの巣でいっぱいだ。 しかも、よく見るといたる所にあるクモの巣には大きなクモが軒を構えており、小さな虫たちもいっぱい絡まっている。 ひらちゃんは、怖くなった。 しかし、もう、後戻りは出来そうにもないので、進むしかないのだが、このクモの巣地獄を突っ切る勇気はない。 とりあえず、棒っ切れでクモの巣を破壊しながら進むことにした。 クモさんごめんなさい。

そうこうしているうちに、道はさらに狭くなり、クモの数は増していく一方である。 それに、日もだんだんかげってきた。 このままでは遭難の可能性がある。 とにかく、日のあるうちにこの森の抜けるところまで行かなければならない。

どのくらい歩いただろうか、1時間半くらいは彷徨っただろうか、突如、視界が開け、なんとか無事公園のような所に脱出することが出来た。 水をまいているおじさんがいたので、ここはどこかと尋ねてみたが、とんちんかんな答えしか返ってこなかった。 無料大駐車場も知らないようだ。 とりあえず、交番の場所を教えてもらい、交番で聞いてみることにした。 ここからが、また、遠いのである。 教えられた道の通りに行くと、なんと、砂丘の入り口に戻ってきてしまった。 一体なんだったんだという感じである。 もう、何があっても、あの山道にはいるのは嫌だ。 そう思いつつ、さらに交番へと足をのばす。

しばらく歩いて、ついに、交番を発見した。 これで、なんとか無料大駐車場の場所が聞ける〜。 と、安心したのもつかの間、なんと、ふと見上げると、そこには懐かしい「無料大駐車場」の文字があった。 まったくもってしてやられっぱなしである。

かくして交番で尋ねることもなく、無事に車にたどり着くことが出来たのであった。

帰りは、以前自転車で来た道を逆にたどってみた。 ものすごく懐かしかった。 ここでご飯を食べたなぁとか、ここから電話をしたなぁ、とか、逆にたどっているにも関わらず、記憶は鮮明によみがえってくるのである。

こうして、なんとか、大雨の大阪に帰ってきたのであった。 めでたしめでたし。

名前


8/10(火)
★そうじ
今日は会社は休みだ。 それにも関わらず、朝から雨が降っている。 むかつく。 2年前の悪夢の再来だ。 久しぶりに太陽を浴びようと思っていたのに。 本当は昨日休みの予定であった。 しかし、うちの会社は月曜日は「掃除をする」という理由で9時に出社しなければならない。 おかげで、昨日はいい天気、今日は、雨である。 フレックス制を敷いていて、かつ、11:00から15:00のコアタイム外であるにもかかわらずである。

しかも、ひどいことに、掃除をしている人など全体の3分の1にも満たないであろう。 それでも、フレックスの枠をはずして、月曜日はあまり実施されていない掃除のために出社しなければならないのだ。 これで、フレックス制などとのたまわっているのだからバカらしい。 コアタイムが存在する以上、掃除をするならするで、11時から実施すべきであり、また、名目上だけではなく実体として掃除をしているという事実がなければ意味はない。

また、休みを変更したために、昨日出張の人と日程が合わず、本来なら今日決定しているはずの事項も明日まで打ち合わせは出来ない。 それに、今日は部のミーティングがあるが、それにも参加できない。 一体、掃除とどちらが大事なのか? 答は簡単である。 掃除は会社の決定事項、ミーティングはグループの取り決めなので、掃除が大事である。

天気予報によると、鳥取に行けば、晴れているらしい。 今から行くことにしよう。

★大雨
結局、鳥取まで行って来た。 残念ながら、期待していた澄み渡るような青空ではなかったが、まあ、それなりに楽しめた。 帰ってくると、まあ、なんと、ひどい大雨だ。 27年間、車は走るものだと思っていたのだが、今日は始めて泳ぐ事もあるのだと知った。

なんと、奈良、大阪、和歌山南部に大雨洪水警報が出ている。 河内長野の1時間の雨量は35mmならしい。ひどいもんだ。 カミナリもひどくなってきたので、そろそろ、パソコンやモデムが危険だ。 詳しくは明日報告しよう。

名前


8/9(月)
★時差ボケ
今日は非常に時差ボケである。 昨日は日記を書いてから、寝ればいいものを、なんとなく暇なので、海まで出かけていった。 加太である。 夜の海というものは、いろいろな記憶を呼び覚ますものである。 悲しかった思い出、楽しかった思い出。

海南市が近かったので、ボルトヨーロッパも行こうかと思った。 しかし、真夜中である。 何もあるはずがない。 やめておいた。

夜明け近く、家に帰ると、蝉が一匹死んでいるのに気が付いた。 着々と、夏は終わりを告げようとしているようだ。

名前


8/8(日)
★長い船旅
昨日はいつも通りに寝て、起きて時計を見ると8時であった。 いつも、平日ならだいたい7時半頃に起きるのであるが、どうも、外の様子がおかしい。 いつもより、暗いのである。 さぁて、今日は一日何をしようかっと張り切って起きてみても、どうも、暗いのである。 しかも、テレビを付けると、今日のニュースとかをやっていたりする。 何かがおかしい。 よくよく見ると、外は、普段より暗いというような騒ぎではない。 なんと、真っ暗なのである。

そして、ふと、電話付き時計(ケータイとも言う)の表示を見ると、「20:30」となっている。 心地よく夢の世界で船旅を楽しんでいる間にかなりの時間が過ぎてしまったようだ。 気分は浦島太郎である。

それなら、そもそも、今日は、本当に8/8なのだろうか。 8/9だったらどうしよう。 300年経っていたら、どうしよう。 いや、いくらなんでも、40時間は寝ていないはずだ...

名前


8/3(火)
★はなび2
今日は淀川の花火大会であった。 会社の最上階から見てみた。 PLほどの広大さは到底ないが、花火を見上げるのではなく横から見るのもいいものだ。 PLの様に間髪なくじゃんじゃん打ち上げるわけではないので、一つ一つの花火を楽しむことは出来る。 ハートマークや雨マークのおもしろい形の花火もあった。

人混みがあるわけでもなく、暑い点をのぞけばなかなか楽しかった。

名前


8/2(月)
★電波時計
昨日のことなのだが、電波時計が狂いだした。 なんと、「0月73日」だというのだ。 一体どういうことだ。 ついに、寝てる間に時空を越えてしまったのか。

さっき、見るともう直っていたようだ。 何が起こったのだろう。 世の中不思議なことが多いものである。
電波時計

名前


8/1(日)
★はなび
PLの花火大会に行って来た。 毎年行くのであるが、これを見ないと夏が始まらない。 花火の数は12万発で世界一の規模である。 昨年は、淀川なども見に行ったが、はっきり言って全く比べものにならない。 淀川の花火をパソコンの640x480の画面にたとえると、PLは1600x1200の広大さである。 普通なら1発ずつしか上がらないような花火が、数十発同時に上がるのが体験できるのである。 特に、一番最後は、目がくらむようであり、鳥肌が立つのである。 と、おそらく説明してもほとんどの人にはわかってもらえないだろう。 あまりよくない場所で、人の頭ばかりを見に行ったのでは、このすごさはわからない。 写真やテレビでも、まず伝わらない。

ひらちゃんがよく行く場所は、わりといい場所である。 普通の人の流れに全く逆らうので、比較的すいている。 真下に行くわけではないので、すべての花火が一様に見渡せる。 斜面なので人の頭は気にならない。(ただし、滑り落ちるので注意) 谷間に音が響き渡って、非常に迫力が増す。 という具合である。

さて、花火を見たので、夏が始まった。
花火1花火2

名前


homeひらちゃんのホーム
ひらの yo@hirano.cc