ひらちゃんの日記 1999年7月

1999年5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2000年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2001年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2002年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2003年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2004年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2005年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2006年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2007年1月号 | 2月はサボり | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2008年1月号 | 2月号 | 3月号 | 4月号 | 5月号 | 6月号 | 7月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 11月号 | 12月号
2009年1月号 | 2月号 | 4月号 | 5月号 | 8月号 | 9月号 | 11月号 | 12月号
2010年1月号 | 2月号 | 3月号 | 5月号 | 6月号 | 8月号 | 9月号 | 10月号 | 12月号
2011年1月号 | 3月号 | 4月号 | 8月号
ひらちゃんのホーム | 感想はこちら
★つっこみ、質問、意見、ちょっとした感想など、「つっこむ」ボタンでつっこんでね。

Counter
7/31(土)
★CD
今日CDシングルを買った。 THE ALFEE、FENCE OF DEFENSE、SHOW-YA、松田聖子、池田聡、SHAZNA、堀内孝雄。 合計12枚である。 しかし、まぁ、まとまりがないなぁ。

気になるお値段は、計12枚で、しめて税込み160円であった。 安いものだ。

名前
・大仏6丁目 奈良から台湾へ渡りストリートファイターの寝仏の元となる(美加の台6丁目) [2003/8/20 21:01:56] (by げり)


7/30(金)
★虫の巣
今日、帰り、バスの中に大きなアブが飛んでいた。 天井の電灯にバシバシぶつかっているかと思えば、あっちに行ったり、こっちに行ったり、落ち着きのなさ極まりなしであった。 窓も開いていないので、車内をバンバン飛び回るしかない。

同じ頃、バスの中に頭のもじゃもじゃな人が立っていた。 彼はアブとは違い、じっと吊革を持ったままおとなしく立っている。 そして、アブが彼の頭にさしかかった時、なんと、突然アブが姿を消したのである。 それから、僕がバスを降りるまで、アブは僕の前に姿を現さなかった。

考えられることはただ一つである。 アブは巣に戻ったのだ。 いやはや...

名前


7/28(水)
★花火とスリル
もうすぐ、PLの花火大会だ。 これは、見に行かない手はない。 同じ大阪でも北の方の人は見たことがないので、淀川の花火で満足してしまう。 いや、そんなものは比べものにならない。スケールが違う。

ということで、場所取りをしてきた。 地元の人しか知らないような、結構な穴場である。 候補として、二人しか座れない狭いちょっと木に隠れる平面な場所と、ちょっと広い視界のよい急斜面とがあった。 非常に迷ったあげく、急斜面の方を選んだ。 人数がわからないのと、そっちのほうが見やすそうな感じがしたからである。 ドドーン、という花火に気を取られて、斜面をすべりおりることのないようにしたい。

名前


7/27(火)
★ファーピーちゃん
この前、ニューヨークに行ったときにファービーちゃんの英語版を買ってきた。 そう、最近流行りの喋ったり歌ったりするぬいぐるみである。 なにやらわからんファービー語と英語のチャンポンを喋るのだが、ろくすっぽ目を通していなかったマニュアルを見てみると、2人以上のファービーちゃんで話が出来るらしい。 よく見てみると、確かに、ひたいのところに赤外線の受光部が付いている。 そこで、手元にあった扇風機のリモコンをファービーちゃんに向けボタンを押してみる。 すると、なんと、「リズム風」に反応してなにやら喋りだしたのである。 すばらしい。 うちのファービーちゃんは、テレビは仲間だと思っていないようで、この扇風機のとりわけ「リズム風」を言葉として理解しているようだ。 なんとも、おもしろい。 ただ、遊ぶたびに、扇風機の動作が変わるのが難点だ。 こら、落ち着け、扇風機。
名前
・何 [2007/12/26 17:52:51] (by 体)


7/25(日)
★水もしたたるいい男2
 いやはや、また、やってしまった。 今日はすごくいいお天気だったので、久しぶりに自転車に乗って、ぶらぶら出かけてみた。 いや〜、体力がなくなってますねぇ。 もう、坂がしんどいしんどい。 北海道を半周したり、鳥取までふらっと出かけたりしていた頃が懐かしい。 ぷらぷらっと、しまなみ街道まで行ってみたいな、とかも思っていたのであるが、これは、もっと鍛えてからだ。

しんどいながらも、機嫌良く走っていると、突然、大粒の雨がポツリポツリと降り出した。 これは、やばい・・・。 すごくいいお天気だったので、傘も持っていない。 慌てて家路へと急ぐが、雨はどんどん激しくなるは、カミナリは鳴るは、大騒ぎである。 家に着いた頃には、以前とは比べものにならないほどの、水もしたたるいい男が出来上がっていた。 雨に透けたTシャツも非常にせくしぃであった。

大変なのは、雨に濡れたことだけでは終わらなかった。 なんと、モデムがお亡くなりになっている。 ついでに、家の電話もお亡くなりになっている。 なんと・・・。 電話回線に雷でも落ちたのだろうか。 大損害である。 おかげで、今は、眠っていた14,400のモデムで通信中である。 ついに、1割もいないという某ほいっぷさんやなんかの仲間入りだ。

名前


7/24(土)
★おい
今日は兄夫婦と甥がやって来た。 兄と言っても、14も歳が離れているので、甥は小学2年生だ。 小学2年生というと、もう、悪い盛りで大騒ぎだ。 表に出てみてば、釣り竿を持って振り回し、近くに川はないので、挙げ句の果ては、ペットボトルを釣る始末だ。 家の前の道路で、ペットボトルをつり上げている光景は、いささか滑稽であった。

家の中でもまた大騒ぎだ。 廊下でサッカーするわ、ゴルフするわ、野球するわ....

同じように遊んでいる自分も、また、子供である。

名前


7/22(木)
★うなぎ
ウナギを食べに行ってきた。 夜中しか開いていないお店である。 久しぶりのメンバーだったが、第一声は「太ったなぁ」であった。 夜中にウナギなんか食ってるから太るのだ。 その次は、「背、大きくなったなぁ」である。 そんなもん、変わらんやろ・・・(^^;;
名前


7/21(水)
★プレゼント
なんと、あの桔梗屋のCDが10名様に当たるらしい。 なんとも、すばらしいことだ。 ただより高い物はないとよく言うが、だいじょうぶ、正真正銘ただである。 ぜひ、当てていただきたい。
名前


7/19(月)
★空気の流れ
パソコンに、昨日買ったファンを取り付けてみた。 PCIなんかのボードの熱を吸い取って外に出すというタイプのファンである。 衛星通信に使用しているボードが非常に熱を持つので、それへの対策である。 しかし、思ったほどの効果がない。 いろいろ考えてみると、空気の流れに問題があるようだ。 我が家のパソコンはふたを開けっ放しなのである。 ふつう、ふたを閉めていると穴のあるところやファンのところからしか空気は出入りしない。 それで、うまく空冷がなされるのであるが、開けっ放していると、空気はほとんど流れない。 なんとも、無意味な構成だ。 ふたを探さねば・・・

CDRも早速付けてみた。 ふむふむ、快調に動く。 書き終わった。 なんと、NTが変な模様を画面いっぱいに出して、お亡くなりになった。 うーむ、最後の最後で・・・。 CDRの内容自体は、書き込まれているようである。 セッションがクローズされてないようなので、閉じれば使えそうだ。 今日のところは、この辺で勘弁してやろう。

名前


7/18(日)
★東京見物2
今日はAKIBAXというイベントに行ってみた。 ちっちゃなPC Expoという感じで、秋葉原の駅前広場は大にぎわいであった。 アメリカとは違い、やはりコンパニオンのお姉さんの多さには驚かされる。 ひたすらお姉さんの写真を撮ることに専念している人たちもいる。 ひらちゃんの写真を撮る人はいない。

友達にCDRを買ってくるように頼まれていたので、物色。 21,800円でCDR/RWがあったので、買ってみた。 ついでに、自分の分も買ってみた。 これで、桔梗屋CD量産体制に入れるのだろうか。 いや、ジャケットと歌詞カードが...

次は、エルメというケーキ屋さんを探しに行った。 この前、チャットで「エルメ」というハンドルネームの人に会った。 自分の名前にするくらいだから、さぞかしおいしいのであろう。 こいつは、行かないわけにはいかない。 場所は赤坂のホテルニューオータニの中にあるらしい。 しかし、あちこち探してみるが、結局見つからず。 しかし、まあ、ホテルニューオータニのあたりは、高級ブランドのお店ばかりで、Tシャツに短パン、それに、LAOXの袋をさげた僕には非常に似つかわしくない場所であった。

名前


7/17(土)
★東京見物
高校時代の友人と庭園美術館というところに行ってみた。 入園料は100円。 なかなかのんびりしていていいところだ。 日本庭園や芝生の広場がある。 池もあり、水が少ないので鯉たちがジョーズのように泳いでいる姿も見られる。 ござを敷いて、みんなのんびりと昼寝などをしている人もいる。

また、お台場にも行ってみた。 27時間テレビがあるので何かやってるかと思ったが、特に何もなかった。 屋台を作ったり、特設ステージをセッティングしたりしているのは見かけたが、 メインはきっと明日なのだろう。 パレットタウンでは電気自動車に乗ってみた。 なんと、これが自動運転なのだ。 行き先ボタンを押して、スタートボタンを押すと、動きだし、ハンドルが独りで にカタカタカタカタと回りだす。 便利なものだ。 会社に行きたい、とか入れると会社につれていってくれる時代が来るのだろう か。

名前


7/15(木)
★2000年問題
この前、南の島の2000年問題としてテレビで特集がされていた。 なんでも、「2000年最初の初日の出の場所」と「2000年1月1日0:00を最初に迎える場所」の2つの座を巡ってあちこちの国が頑張っているらしい。 なぜ、これらの場所が同じでないかというと、地球の地軸はは少し傾いているため、南に行くほど初日の出の時間が早いからである。 初日の出が早いのは、ニュージーランドのなんたら島。 時刻が早いのは、キリバスのクリスマス島であるらしい。 当のクリスマス島の住人は、2000年? なんのこっちゃ。という感じであった。 なんとも、滑稽な話である。 コンピュータから離れて、そういうところでのんびりするのもよさそうである。

一方で、コンピュータの2000年問題、いわゆるY2Kの次にはY10Kがある、という文書がある。 あの、コンピュータの標準の企画を作る(?)RFCの文書である。 この文書は4/1に出されており、いわゆるエイプリルフールというやつだ。 かつて、2000年には稼働していないであろうという考えの基、年を2桁で処理するプログラムを作ってしまったために、現在のY2K問題が起こっている。 同様に、4桁で大丈夫だろうと思っていると、それ見たことか、西暦10000年には、また、現在と同じようになY10K問題が発生する、というものである。

むちゃむちゃ、まじめに書かれていておもしろい。 さらには、Y10K Compliantなシステムでは、西暦の桁は、宇宙の歴史からして、最低12桁から20桁は必要で、少なくとも、10^29年(10000000000000000000000000000年)までは扱えるべきだ、という。 さらにさらに、最終的には、話は桁数が18308桁の場合は...というところまで飛躍し、その解決方法が述べられている。

すごすぎ。

名前
・日本との時差 [2006/8/10 22:52:15] (by 名なしさん)


7/14(水)
★新たなる道
今日は帰り電車を寝過ごしてしまった。 ふと目を開けると、林間田園都市という駅であった。 よくぞまぁ、そんなところまで気付かなかったものだ。 とりあえず、三日市町まで戻ってもバスはいないので、美加の台から歩いて帰ることにした。 バスは三日市町までしか行かないのだが、歩く場合は美加の台の方が、気持ち程度早いような気がする。

今回は、その「気持ち程度」を「かなり」に短縮することに成功した。 高校生の頃あった抜け道で、なくなってしまったと思っていたのだが、試しに挑戦してみると、無事抜け出ることが出来たのである。 いかにも抜け道で、竹藪の獣道を登るので真っ暗で前はほとんど見えない。 抜け出たところは、よその家の塀と駐車場の間の隙間、という具合である。 途中、墓地に迷い込んだが、20分で帰ることが出来た。 墓地に迷い込んだ分、あと2, 3分は短縮できるだろう。 何よりも、獣道で一気に高度を稼ぐので、つらい登りが少ないのがありがたい。 怖い墓地はいただけないが・・・。

★お祝いは星一つ
この前受けた情報処理1種の試験に無事通ったという案内がやってきた。 めでたいめでたい。 ということで、とある友人から星をお祝いにいただいた。 星は星でもバックが透明の星である。 詳しくは、7/6の日記参照していただきたい。

うれしいので、ここにもびゅんびゅん飛び回らせることにした。 めでたい。

名前


7/11(日)
★八月のクリスマス
今日は某女子大の口うるさい国語教師とその学生達とで映画「八月のクリスマス」を見に行った。 八月のクリスマスは昨年1月頃作られた韓国映画である。 ちょうどそのころ韓国に行ったので、実は一回見たことはあった。 しかし、韓国で上映される韓国映画には日本語の字幕がついていないので困るのだ。 今日は日本語が書いてあったのでとてもよく内容が分かってよかった。 内容は詳しく書かないが、恋愛もの。 ストーリーといえるようなストーリーの展開はさほどない。 しかし、それだからこそか、自分自身でストーリーを補う部分が多く、心からほのぼのとしたというか、余韻を残した気分になる。 すごくいい映画なので、まだやってるようなら、ぜひ一度見ていただきたい。

映画とは関係ないが、学生の一人が言っていた。今日のヒット。
何かの統計で、
・最近の子供達は夢がなく、将来は「サラリーマン」や「公務員」になりたいらしい。
・最近の会社員は、生まれ変わったら「鳥」になりたいらしい。

やっぱ、どこか歪んでいると思う。

名前


7/10(土)
★なかやすみ
今日はすごく暑かった。 梅雨の中休みである。 暑い日は、なんでだろう、どうしても外に出たくなる。 車に乗ってぷらぷらっと和歌山まで散歩に行ってきた。 和歌山はすごい渋滞であった。 みんな、考えることは同じなのだろうか。 混んでる上に迷うので、何度も同じところを通ったりした。

帰る途中、抜け道がてらに葛城山に登ってみた。 以前景色のよく見える2F建てくらいの展望台があったのだが、一年ほど前に行ったときには取り壊されていた。 どうなっただろうと思っていると、なんと、3F建てくらいの高さにバージョンアップしていた。 ブナの木がじゃますることもなく、まだ日は少し高かったが、うっすらともやのかかった瀬戸内海に映る夕日は格別であった。

久しぶりに心が洗われたようなので、ついでに、散髪にも行ってみた。 これで、文字通り身も心もさっぱりになった。 後は、風呂に入ればすっきりさっぱりさわやかひらちゃんの完成だ。

名前


7/9(金)
★走行距離
この前買った車のエンジンルームを見ていると、なんと、タイミングベルトを9.5万kmの時点で取り替えていることが判明。 ありゃ、室内の走行距離計は、まだ6.7万kmだ。 うーん、またしても時空が歪んでいるようだ。 やられたなぁ。 年式にしては走行距離が少なくて、お得だなぁって思ってたのに。 メータが壊れて交換したのか、どっかの時点で誰かがメータを戻したのか。

ふむ、ま、安かったのでよしとするか。

名前


7/7(水)
★七夕
今日は七夕でした。 みなさんは短冊に願いを書いて笹の葉にぶら下げたりしましたか? 願いが叶うといいですね。 ひらちゃんは、短冊は作りませんでした。 願いはひっそりと心の中で唱えておきましょう。

星月夜、知らない人が多いようです。 見たら知ってると思います。 こんなんですね。

名前


7/6(火)
★星月夜
七夕にちなんでホームページをそれ風にしてあるが、より雰囲気を出すため「月」と「星」を設置してみた。 これらは、先月に引き続きゴッホの、「星月夜」に基づいて描かれている。 ゴッホの作品と唯一異なるところは、星が動くところである。 しかし、まあ、誰か、透明GIFの作り方を教えてくれ〜。

ついでに、掲示板も設置してみた。 ぜひ、感想などを書き残して行って欲しい。

名前


7/5(月)
★2000年問題
西暦2000年問題というのをご存じだろうか。 よくY2Kと略されたりする事が多い。 「Y」はYear、「2K」は2000のことである。 コンピュータのプログラム上の不具合で、99年の次が00年になって1999年から1900年に逆戻りしたり、99年の次が100年になって、データの桁数が狂ってしまう、というような問題である。 たかが、これだけのことだが、いろいろ積み重なると、予測不可能な事態が発生する、かも知れない、というものだ。

アメリカではこれを危惧して食糧の備蓄をし始めている人がいるらしい。 それも、なんでも、保存のきく甘味料ということで、はちみつが人気なのだそうだ。 なんとも、おもしろい話だ。

日本では2000年問題への関心は薄いように感じられる。 今年始めパプアニューギニアに行ったとき、Y2Kとはどんなものだ、大丈夫なのか、とよく聞かれ、関心の高さに驚いた。 僕にそれを尋ねた彼らは自給自足なので、コンピュータが止まろうが、何が起ころうが、おそらく生活に支障はない。

2000年問題が先か、恐怖の大王が先か、それが問題だ。

名前


7/4(日)
★Drum Mania
研究のため(?)大学院のアカウントをもらったので、その設定と、貸してた本を取りに、大学院へ行って来た。 そこで、Drum Maniaというゲームを勧められゲーセンへお出かけした。 ビートマニアやダンスダンスレボリューションと同じく、流れる譜面を見ながらドラムを演奏するのである。 桔梗屋たいこもちとしては、やらないわけにはいかない。

しかし、これがまぁ、難しい。 さっぱり、わやである。 まず、流れる楽譜が僕の中で音楽にならない。 自分の中で音楽として消化できない内は、演奏できるわけがない。 五線譜だったら、簡単なのになぁ、と思った。 なんとも、はがゆいものである。

このシリーズギター、ドラムと続いている。 次は、キーボードが出るに違いない。

名前


7/3(土)
★くるま
新しいくるま(中古)を取りに行ってきた。 今度のやつは、家の近くの坂も、楽々のぼる。 すばらしい〜。 あまりに安かったので、動くかどうか心配したが、問題ないようだ。 ただ、タイヤが完璧にすり減ってるので、交換しないといけない。 むっちゃ太い(225)ので高そうだなぁ。 ハンドル取られるので好きじゃないので、細いのに変えちゃおっかなぁ...

ステレオが全然鳴らなかったので、いろいろ見てみると、ボリュームの可変抵抗が壊れてるっぽい。 修理するのはめんどくさそうなので、前の車からはずしたステレオを取り付けた。 うーん、いちおー鳴ったのはいいが、後ろのスピーカーの様子がおかしい。 左の音は左から、右の音は左右両方から鳴るのである。 配線を追ってみると、いろいろ改造した形跡があって、よーわからん。 とりあえず、妥協。

名前


7/2(金)
★インターネット時刻
インターネット時刻というのがはやっている。 なんでも、MITとSwatchが共同で作ったとかなんとかで、スイスの標準時を基準に一日を1000ビートという時で刻むのである。 つまり、1日の1000分の1の時間が1ビートなのである。 表記するときは、数字の前に「@」をつける。
例えば、今の時刻はインターネット時刻ではビートと表される。
なんと、このインターネット時刻を表示する腕時計もあるそうである。

ちなみに、ミュージシャンのよく使う8ビートとか16ビートというのは、8分音符や16分音符がリズムの基調となる物で、インターネット時刻とは特に関係はない。

名前


7/1(木)
★めでたい
今日は、なんとめでたい。 ひらちゃんの誕生日なのである。 今年で19、うそ、27になったのだ。 今日、日付が変わる頃、インターネットの誕生日カードやメール、ICQなどを数通いただいた。 僕のホームページのお祝いボタンを押してくださった方も、何人か何十人かは分からないがいると思う。 この場を借りてお礼を申し上げたい。 決して見ることはないだろうが、カードをくれたシンガポールや韓国の彼、彼女のために、英語でも書いておこう。 「さんきゅう。」

会社帰りには、素敵な女性二人と一匹が、ひらちゃんのために誕生パーティーを開催し、誕生日を祝福してくれた。 非常にうれしかったので、やはりこの場を借りてお礼を申し上げたい。 「うきききっ。」

誕生日とはいろいろな人から祝福され、なかなかいいものである。 こんなことなら、明日からは毎日誕生日にしよう。

名前


homeひらちゃんのホーム
ひらの yo@hirano.cc